いつもの美容院で2019/10/10 15:35

いつもの美容院に通い始めて二十年以上になる。

大通りから外れた静かな住宅地で奥さんが一人で切り盛りしている美容院だ。

客は年配の人が多い。

入った時前のお客が終わりそうな いいタイミングだった。

 

パーマと白髪染めをお願いした。

美容師さんは髪の状態を見て「まだ かけなくてもカットだけにしたら」とか「部分染めでもいいと思うけど」と助言してくださる。全てお任せ。

美容学校や住み込みの修業を積んだプロだからこそ豊かな人格を作り上げたのだろうけれどお話から しなやかな生き方が伝わって感心する 教わることも多い。

こちらの気持ちに沿ってくださるからついついあまえておしゃべりもする^^;;;;

(ビヨウインはストレス解消の意味ではビョウインともいえるなあ~)

とはいっても年は10歳以上も私が上だ。

 

美容師さんが自宅の方に消えたと思ったらお盆を持って戻ってきた。

「一緒に牛丼を食べましょう」

えッ!

「〇〇のや」の牛丼パックとお茶がお盆に乗っていた。

お客さんのこないうちに早くとせかされて慌てて一口牛丼を運んだのだが

あっ!と思った。ご主人はお仕事を終えられている。

「もしかして・・・ご主人の分を頂いたのでは?」

「ご心配なく。主人も食べています」

美容師さんは冷静に答えた。その言葉を信じるしかない。

 

冷たい飲み物やコーヒーなど頂いたことは何度もあるが牛丼には驚かされた。

因みに「〇〇のや」の牛丼は初めてだった。とてもおいしかった。

 

幸い、客は私が会計をする時に一人見えられた。

私は会計を終えて「ありがとうございました」とお礼をして

ちょっと間を置いて「あらためまして、もう一度ありがとうございました」と言って深くお辞儀をした。

お客様の前で「ごちそうさまでした」とは言えなかったから。

 

美容師さんが笑っておられたからきもちは伝わったと思うことにした。

 

 




なつぞら2019/09/15 16:52

いつの間にか9月も半ば 実りの秋なのにあちこちウロウロしている間に時間は過ぎていた。収穫物はゼロ。^^;;;

 

今日は日曜日 朝のテレビ小説「なつぞら」がないので ゆったり出来た。

「なつぞら」は7時半のBSでみる。かなり熱心に観ている^^;;;

というのも老いのせいか 暴力や殺伐としたドラマを見続けることが出来なくなっている。

 

以前、新聞のテレビ番組欄で「野火」がBSで放映される予告があった。

大岡昇平の「野火」は若いころ読んだし 映画を観てみようと 時間にテレビの前に陣取ってスイッチを入れたが初っ端に野戦病院で麻酔ナシの手術の画面が出て慌ててスイッチを切った。

 

友たちの○さんから電話が来た時 彼女も暴力的な画面は耐えられないと言っていたから年のせいかもしれない。

その点「なつぞら」は安心して見られるし、イケメンぞろいだしと言ったらよくぞあんなに個性的で魅力的な青年を揃えられたねと大笑いした。

登場人物がすべて善意の人ばかり、ほわほわしたドラマで

心を温めて一日が始まる。

老いのせいで心が弱くなっているのかもしれない。

 

 「なつぞら」も終わりが近いようだ。


音楽な週末2019/08/26 15:41

一昨日の土曜日はお遊びで忙しかった。

9:30分●さんの車が来てくれていつもの囲碁の会場に。

10時から一時まで三局。

戦果のことは言うまい、棋力は確実に落ちている(アッタリマエデショウ^^;;

終わっていつものように●さんとファミレスでご飯を食べた。

コーヒー飲んでおしゃべりをして我が家まで送ってもらい 急がない時は我が家で二次会をするのが通例だが一昨日は夕方4時半に別の友(〇さん)との待ち合わせがあった。

●さんが地下鉄の駅まで送ってくれた。

 

過日〇さんと会った時に東儀秀樹のチケットが二枚あるからとコンサートに誘われた。

【東儀秀樹✖古澤巌✖coba コンサートツアー2019】

 

雅楽の東儀氏の名前だけは知っていたが 音楽については正にオンチ。

雅楽とバイオリンとアコーデオンがどんな融合の仕方をするのかなあとぼんやり思いながら 分からないもの見たさに連れて行ってもらった。

場内総立ちのエネルギッシュな熱狂的なコンサートだった。

バイオリンとアコーデオンの奏者も素晴らしかった。

雅楽楽器の「ひちりき」の音がドラムやバイオリンやピアノなどの音に消されることなく

澄み切った音色を響かせていた。

 

思えば一生の中で自分が求めて「コンサート」に行ったことはほとんどない。

そんな環境が育っていなかった田舎に青春時代を過ごしたせいかもしれない。

 

○さんありがとう。

冥途の土産が出来ました^^・ 

ヒドイ誤変換2019/08/18 20:31

ブログの更新をすっかり怠けてしまった^^;;;;

 

今年のお墓参りはそれぞれの都合で13日は調整が取れず娘夫婦にも相談して8月10日に四人で済ませた。

Yさんは仕事の関係で来られなかった。

同じ墓苑に義兄のお墓もあるので一緒に御参りした。

 

息子たちは月末に二人で旅行、日程ははっきりしてないが 決まったら知らせる。

帰りに仙台に二人で寄るからよろしくとのことだった。

ああ、いいよと軽く答えた。

息子が帰ってからあれ?と思った。

旅の行く先はたしか「九州」仙台に立ち寄るって いかに車移動とは言え、真っすぐ東京にかえればいいのに、なんでそんな疲れるような行程にするのだろう???

息子に行く先を確かめたら「どこから九州がでてきたの?行くのは北海道だよ」といわれた。

アチャ~@@!

北海道と九州では真逆・・・・ナンデソウナルノ?

連日の暑さのせいか。それとも・・・

ひどい誤変換をするほど痴呆が進んでいるのか・・(>-<)

 




e-ばあのサマータイム2019/08/05 12:09

 

連日の猛暑に体がついていけない。

内科の医師の言われるには雨の日が長く続いた後に急に猛暑がやってきたので 特に高齢者は切り替えがうまくいかなくて体調不良に陥りやすいのだそうだ。

どこがどうというのでは無いけれど力が出ない^^;;;

 

ところで、近年はサマータイムという言葉を聞かないが、

この猛暑に参ってしまい、婆はサマータイム制を取り入れることにした^^;;;

、、、、、なんて言ってやる作業の時間を入れ替えるだけ。

五時起床に変わりはないが一番に草取り、6時頃には草取り終了。

ご近所の迷惑にならないように静かに作業をする。

終わった後シャワーで汗を流す。

 

(オット~、シャワーの前に部屋に冷房を入れてから。)

 

後は冷房の効いた部屋でグウタラなりお勉強なり自由三昧^^;;;

夕刻風が涼しくなったころサマータイム夕方の部を

一時間ほど。草取り。

 

今年の梅雨は晴れ間のない梅雨だったので雑草の生育がすごい。

垣根もボサボサ、

あと少し、サマータイム導入で凌がねばと思っている。

 



睡眠2019/07/22 12:29

○さんは夜中に二回は目が覚め 目が冴えて眠れなくてしまうそうだ。

音にも敏感でご主人の気配などでも目を覚ます。

良い眠りを確保するために時々導眠剤を飲んでいるという。

 

私はよく眠る。朝までひと眠りという夜もあるほど。

トイレに起きることもあるが布団に戻るとすぐに眠りの続きに入る。

 

先日施設にいる姉と昔話をしていた時のこと、姉が「中学校の頃毎朝早く起きなさいと母に起こされた」という。

姉はすぐに起きて拭き掃除などした。

ほとんど毎朝のように母に起こされた。

ある時、自分だけ起こされる理不尽さに納得がいかず、母に聞いた。

「なぜeちゃんは寝てていいの?」

母は言ったそうだ。「あの人はたくさん寝ないとダメな人だから」

姉はおかしな話だなあ、誰だって一杯寝ていたいよ。と思ったそうだが 反論はしなかった。

姉は小さいころから素直だった。

 (ソ~カ~ 私はタクサン寝ないとダメな人だったのか~^^;;;;…..

 

私は反抗期でいつもカリカリしていたから 起こしても仏頂面の不器用な手伝いなら いない方が良かったのだろう。

 

今も24時間を自分の時間にして究極の我儘婆さんを生きているわけだが何時までも続くと思っているわけではないが・・・^^;;;;;

はて???




五輪チケット2019/07/13 16:39

東京五輪のチケットの申し込みが始まったのは5月だった。

テレビニュースで開会式のチケットが 30万円(最高)と

報じるのを耳にして年金くらしの独居婆は

「へぇ~@@!さすが夢の祭典だ」とタマゲタ。

体育オンチの婆にはテレビ観戦で十分だと思っていた。

 

6月に息子たちが来た時、地元で行われるサッカーのチケットに当選したと言った。

「三枚目はお母さんのだからね」と言われ思いがけなかったので「えっ?」となった。

来週とかせめて一月先の予定なら予測も出来るがオリンピックの始まるのは一年以上先。

それまでにこのご老体がどんな有様になっているのか想像もできない。

いやいや、折角のご招待。その日のために精進してそれまでは長生きしなくては、,、な~んて思っている。

 



つれづれに2019/07/05 20:30

宅地の隅にフキが自生している。

季節が来るとひょろひょろと伸びる。

どうにか食べられそうなのを10本ほど取った。

葉をちぎり茹でて皮むきのための包丁目を上下に入れた。

包丁目を入れながら昔を思い出した。

 

終戦は私が「国民学校初等科二年」の時だった。

当時家族は祖母と両親それに子供が7人も@@!

私は六番目の子として生まれた。

敗戦後の暮らしは食べることで大変だった。

両親はよく働いた。家の周りを畑にしてできた野菜を食料にした。

春になると両親は山へフキを取りに出かけた。山までは遠く10キロ以上はあった。

夜の明けきらぬ内にでかけ 午後になって重い荷を背負って帰った。

学校から帰ると茹でられたフキが積まれていて

祖母と母が皮むきの為の包丁目を入れた。

私も猫の手ならぬ子供の手で台所の板の間に座ってフキの皮むきを手伝った。

遊びのような楽しい時間だった。

フキは塩漬けにして保存した。

季節の移ろいに沿って収穫するものも変わった。

タケノコ、水菜、ワラビ、ぜんまい等、

ゼンマイは茹でて天日干しに 冬の保存食になった。

 

当時の主婦の仕事の多さと厳しさを思う

電化製品に囲まれている自分とは大違い。

厳しい暮らしの中で 反抗期の私にもいつも穏やかだった母。

 

母の年をとうに超えてしまった私だがいまだに我執にとらわれている、、、。

母さんのようにはなれなかった。

 


とりあえずは異常なし2019/06/20 17:34

内科では年二回精密検査がある。

甘いものが大好きでセーブできない。

で、検査の後は毎回ビグビク。

今回もコレステロールの欄に[H]がついていたが先生が

「心配ないです」と言った。

ホッとしてこれからは甘いものに負けないようにしようと思った??

検査では毎回OKをもらえるが 肝心のところが検査対象にない。

数年前に先生にお願いして「物忘れ科」を紹介してもらったが

今は怖くて検査をする勇気がない^^;;;

お医者さんに調べてもらわなくてもメモリーの損傷が

継続中なり。

一方で80歳を超えて、ここまで来たんだとイライラすることが少なくなったように思う。

それもこれも とりあえずは痛いところがないことによるのだけれど。^^;;;;;




敬老大学2019/06/20 17:24

今年も市民センダーの「老荘大学」に無事入学を許された^^

希望者の多い難関大学^^

昨年までは先着順で受け付けていたが10時の受付に一時間も前から希望者があつまり10時前に定員オーバーで締め切られていた。苦情も出たらしい。

今年度から公正を期すため往復はがきによる応募になった。

定員75名のところ126名の 応募があったという。

昨年一緒に通学した学友も合格だった^^

 

5月 開講式に続いて○○大学の先生の講義があった。

テーマは「公民館で学ぶということ」

講師はその講座に10名ほどの学生さんと一緒にやってきた。

学生さんと同じレジメで学校教育との違いや「社会教育法の理念」から生まれた 住民が主体である学びの場が公民館であることを知った。

自分は公民館活動に対して 受け身でありそのことに疑問さえ持たないでいた。

レジメには各地の公民館で活動をしている体験談が生き生きと

報告されていた。

それらのことを講師が情熱を持って解説なさるのを聞いていると 若い人たちにとっては知識を得ると同時に先生の生き方も学べるなあと高卒の私は羨ましい気がした。

年間10回の講義初回でいい刺激を頂いたので皆勤できるかな???